夏バテ防止の食事

 

こんにちは、エリム薬局 新琴似店の水口と申します。

本題に入る前に最近…いえ、ずっと考えている悩みを書かせて頂きたいと思います。

 

それは…「ご飯何作れば良いか分からない問題!!!!」

 

唐突に始まってすみません。

ですが、これはお母さんあるある・もしくは主婦あるあると言って良いのではないかと思います。毎日の献立、皆さんはどうされていますか?

 

肉や魚・副菜・汁物と一応用意はしますが、正直、我が家のご飯は気づけば同じようなローテーションで新しさが無く、そしてレパートリーも少なく、いつも悩んで作っています。

 

そんな中で先日、自分の中では大成功だったものをご紹介したいと思います。

 

それは、サバ味噌です!!(ドヤ顔)

 

今すごい満面の笑みで書いてますが、これが本当に大成功だったのです。

「刺身にする」「焼く」「お味噌汁に入れる(石狩汁みたいな)」以外、魚の扱い方がわからない私にとっては大進展かと思います。

昔、小学生の頃に食べた給食のサバ味噌、あれって凄く美味しかった記憶がありませんか?それに近いものが食べたくて頑張りました!

 

煮汁を煮詰めて、ダメ押しの水あめを入れるのがポイントです。とろっとろになった煮汁をかけて完成!!(ここまで書いておきながら写真は撮っていませんでした。すみません…)

 

家族からも好評で、とても嬉しかったです。

ただあの、給食のサバ味噌の味は再現するに至りませんでした。まだまだ研究が必要な様です。

 

……個人的な話から文章が始まって申し訳ありません、やっと本題に入りたいと思います。

 

これから暑くなりますので夏バテしないよう、夏バテ防止メニューを考えなければ!ということで、特に栄養価の高い、疲労回復効果のある栄養素を調べてみましたので、献立を考える際のご参考にして頂ければ幸いです。

 

タンパク質:筋肉の成長を助け、基礎代謝を上げる効果がある

豚肉・カツオ・枝豆など

ビタミンB:疲労回復やエネルギーの代謝を助ける

まぐろ・ウナギ・豚肉・卵など

アリシン:ビタミンB群の吸収を助ける

ニンニク・ネギ・ニラなど

クエン酸:疲労物質を対外へ排出する

お酢・梅干し・レモンなど

ムチン:消化を促進し、胃粘膜を保護

納豆・オクラ・長いもなど

 

この中の組み合わせで考えると、オクラと納豆のネバネバうどん、豚しゃぶとネギと半熟卵を乗せたぶっかけうどんとか美味しそうですね。

 

いよいよ夏の献立の救世主、麺類が食卓に登場しますので、これらの栄養素を美味しく、一緒に摂れるような楽チンメニューを考えて夏を乗り切りましょう!(結局は楽をしたい)

 

新琴似店 水口