雪も解け暖かい季節になってきました。
春になると山菜採りに出かける方も増えているのではないでしょうか。
しかし、山菜採りはマダニに注意が必要です。
マダニは、血を吸うダニの一種で、ライム病や重症熱性血小板減少症候群などの病気を媒介する可能性があります。
薬局にもマダニに刺され処方箋をお持ちになる患者様が山菜採りの時期になると増えます。

マダニに刺された場合、発熱、頭痛、筋肉痛などの症状が出ることがあります。
重症になると、意識障害やけいれんなどの神経症状が出ることも…。

マダニに刺されないためには、以下のことに注意しましょう。

  • 長袖、長ズボン、帽子を着用する。
  • 肌の露出を避ける。
  • 虫除けを使用する。
  • 草むらや茂みには入らない。
  • 帰宅したら、服や体をよく調べる。

マダニに刺された場合は、すぐに皮膚科を受診しましょう。
マダニはピンセットで取り除くことができますが、正しい方法で取り除かないと、マダニの一部が皮膚の中に残ってしまいそこから病気になる場合があります。

山菜採りをする際には、マダニに注意し、安全に山菜を採りましょう。

エリム薬局手稲前田店 笹島