《乾燥対策、できていますか?》

 乾燥すると喉が痛くなったり、風邪やウイルス性の感染症にかかりやすくなる事がわかっています。粘膜が乾燥することにより、粘膜を覆っているバリア機能が弱くなってしまうため、外部からの菌やウイルスの攻撃に弱くなってしまい、繁殖しやすい環境を作ってしまうのです。インフルエンザなどのウイルスの場合、低温かつ低湿度の環境下で活性することがわかっていますので、これからの季節、寒さへの対策だけでなく鼻やのどの粘膜の湿度を保つことが一つの予防効果として期待できると考えられます。

 

《ウイルスの活動を抑え、快適な湿度を保つには》

 部屋で人が快適に過ごせる湿度は4060%がちょうど良いと言われています。湿度が40%以下になると乾燥している状態となるのでインフルエンザなどのウイルスが増殖しやすい環境となり、60%以上を超えるとカビやダニが増殖するに好ましい環境となってしまいます。カビやダニが繁殖すると、アレルギー性の喘息が起こりやすくなりますので注意が必要です。では、湿度を4060%程度に保つにはどういった方法があるのでしょうか。

 

部屋の湿度を知るには湿度計を設置するのが一番ですが、湿度を測定する機能が付いた加湿器を置くことも一目で部屋の湿度を把握できるのでお勧めです。自動運転で快適な湿度を維持してくれるものもありますが、少々お値段が張ってしまうのは否めません…

そこで、簡単に湿度を上げる方法をいくつかご紹介しておきたいと思います。

 

・枕元に濡れタオルを干す、洗濯物を部屋干しする

 水分が蒸発するため、一定の加湿効果が得られます。いっぺんに沢山干すと雑菌がわいて部屋干し臭の原因になってしまいますので、ある程度間隔を開けて干すのをお勧めします。

 

・カーテン、空間に霧吹きをする

一時的なものではありますが、空間を潤す効果が期待できますので清潔な水を散布すると良いでしょう。 

 

・簡易加湿グッズを利用する

 100円ショップでも購入できるペーパー加湿器はポリエステル不織布などでできたペーパーを水に浸す形で使用する自然気化式の加湿器です。電気代もかかりませんし、コンパクトタイプで場所を取らないという利点があります。その他、400700円程度でミニ加湿器も100円ショップでは販売されているので加湿器をお持ちでない場合は覗いてみると良いかもしれません。

 

食事・睡眠をしっかりと取り、乾燥対策を万全にした上でこの冬を乗り越えていきましょう!!

 

 

新琴似店 水口