新型コロナウィルスの対策の一つとして、当薬局では次亜塩素酸水の製造機を導入致しました。
IMG_4629

この機械で製造した次亜塩素酸水を使って、薬局内の消毒や感染対策に使用します。

そもそも、次亜塩素水酸とはどんなものかと言うと…
塩酸又は塩化ナトリウム水溶液(食塩水)を電気分解することで生成出来るお水とされています。

〇特徴
ウィルスや細菌の除菌、消臭に効果
濃度80ppm以下は食品添加物としての取り扱い
目や口に入っても人体に影響が無く安全性が高い

〇保存方法
直射日光や高温を避け、密封状態で保存

〇有効期限
時間経過(1カ月で10ppm程度の低下)と共に濃度が下がるため長期保存には向いていません。
当薬局では製造後一か月以内を目安に使用しています。

〇次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い
名前が似ていて同じものと間違われますが、性質は全く異なります。

次亜塩素酸水…弱酸性、無臭、衣類・手指・器具・空間の殺菌や消臭を目的に使用、口や肌に触れてもOK

次亜塩素酸ナトリウム…強アルカリ性、強烈な塩素臭、器具・容器などに限定して使用する漂白剤、人体に有害なので口や肌に触れる使用はNG

体への影響が無いものですので次亜塩素酸水を用いた感染対策を積極的に行いたいと思います。
また、各店舗でも販売を始めました。
お気軽にお立ち寄りください。

白石店 佐藤