今年の冬は記録的な大雪のため雪かきで腰を痛める方が多かったのではないでしょうか。

私も雪かきで腰を痛めてしまったひとりです。

 

雪かきは中腰ですることが多いと思いますが、中腰で物を持つ姿勢は寝ているときの約9倍の負荷が腰にかかっています。

 

そこで、除雪時に少しでも腰の負担を軽くする方法を紹介したいと思います

 

【準備運動】

身体が固くなっている状態で除雪をすると腰痛の原因になります。

除雪前にストレッチをして筋肉をほぐすことが重要です。

最低限、腰の回旋や膝の屈伸運動を行いましょう!

 

【姿勢】

できるだけ腰を落とし、体の近くで雪を持ち上げるようにしましょう。

雪を持ち上げる時は膝を曲げ足の力とおなかの筋肉を使うようにし腰の負担を軽くすることが大切です。

 

【動作】

スコップは胸より高く上げないこと、また同じ方向ばかりに投げないこと。

腰をひねる動作も腰痛の原因になるためなるべく避けてください。

 

また、腰痛経験のある方はコルセットをつけると予防にもなります。

 

以上の点に注意し、雪かきを行い腰痛予防、悪化予防に取り組みましょう。

 

とは言え、もう3月。春も近づいているはずなので雪が降らないことを願います…

雪解けが待ち遠しいです。

 

エリム薬局手稲前田店 笹島